女性応援企業

株式会社松田鉄工所

人間力を育てる社員教育を基礎に、オーダーメイドの製品づくりとメンテナンスで産業社会を下支えしています。
株式会社松田鉄工所
女性応援ポイント
やまぐち男女共同参画推進事業者
やまぐち女性の活躍推進事業者
  • 業  種 / 製造業
  • 所在地  / 周南市港町6番47号
  • 従業員数 / 30人  ※2020年2月現在
  • ホームページ / http://www.matsudatekko.co.jp/

株式会社松田鉄工所 松田充史社長にお話を伺いました

会社の概要を教えてください

もともとは、小型船舶の内燃機関修理を行う会社として昭和23年に創業しました。
現在は、周南コンビナートや、県内各地の化学プラントの部品の製作・修理や電気・計装工事を主に請け負っています。プラント内部は、膨大な種類の部品から成り立っており、弊社の製品は、お取引企業様からの特注による受注生産が多いことが特徴です。また、それらの部品の修理や試作品の製造も行っています
こうした製品づくりとメンテナンスによって、産業社会を下支えすることを使命として取り組んでいます。

社長に就任された経緯を教えてください

創業したのは祖父ですが、必ずしも、親族が経営を受け継いできたわけではありませんでした。しかし、5年前に、いよいよ後継者がおらず、廃業するか会社を譲渡するかという状況になり、私に声がかかった次第です。
私はもともと文系で、当時は福岡で広告営業やイベント企画運営などの仕事をしていましたが、祖父が興したこの会社を継ぐため、一大決心をして戻ってきました。

「鉄好女子」というロゴがとても新鮮です

社長に就任することになってこの会社について考えたとき、まずは会社の将来を担うことができる人材育成が重要だと考え、積極的に若手の採用を行うことにしました。
私たちの仕事に魅力を感じてくれる人であれば、男女問わず採用したいと考えていましたが、一般に男性のイメージが強い業界だからか、女性には求人情報を届けることすら困難だと思う場面にも直面しました。
男性だけでなく女性にもぜひ来てほしいというメッセージを、どうすれば伝えられるか。
悩みに悩んで考え出したのが、この「鉄好女子」のロゴマークです。これならば、見ただけで、女性も積極的に採用しているというメッセージを伝えることができます。
実際、このロゴを掲げてイベントに出展した際、女性が50人以上話を聞きに来てくれて、手ごたえを感じました。

 

御社では、具体的にはどのような職種がありますか

主に、機械部品の製作や修理。そして新規技術開発などに携わる「機械加工技術職」、溶接加工などを行う「溶接技術職」、プラント内の工事を行う「電気・計装技術職」の3職種があります。
女性では、「電気・計装技術職」を希望して入られた方が一人います。
また、「機械加工技術職」は、ものづくりが好きで、丁寧な仕事ができる女性にこそやっていただきたい、おすすめの仕事で、女性に内定を出したこともあります。その方は、結果的には諸事情で実際に働いてもらうことはできなかったのですが、ここで働くことができなくなったことをとても残念がってくれました。
こうした専門技術は、身につけるまで5年から10年ほどかかるものもありますが、一度身につけてしまえばどこでも通用します。結婚・出産で仕事から離れることがあるかもしれませんが、働きたいと思った時に技術があることはとても大きな強みになると思いますので、ぜひ、女性にチャレンジしていただきたいと思っています。

採用に当たり大切にされていることはありますか。

弊社では、内定を出す前には必ず、実際に働く現場を見てもらうことにしています。
工場は古くて狭いし、油にまみれて汚れる場面もありますが、それを見た上で私たちと一緒に働きたいと言ってくれる人なら、ぜひ仲間になっていただきたい。
私たちの方も、男性にも女性にも、働きやすい職場にしていきたいと取り組んでいます。
例えば、仕事帰りにすっきりして、そのままデートにも出かけてもらえるよう、シャワー室の整備も計画中です。
女性用にも、現在でもトイレ・更衣室や休憩室を男性用とは分けていますが、女性の事務スタッフなどの意見も聞きながら、今後さらに女性にとって使い勝手が良くなるように整備していくつもりです。
これまで男性だけの職場でしたので、やはり初めは、女性を増やしたいということについて本当に大丈夫なのかと心配する方も社内にいました。ですが、採用説明会で多数の女性が来てくれて、実際に女性が入ったり、内定を出したりするのを見ているうちに、次第に自然に受け止めてもらえるようになってきたと感じています。


御社の社員教育について教えてください

働くことは、人間として成長するための学びの場にもなると考えています。
仕事をする上では、失敗したり、トラブルがあったり、人間関係に悩んだり、様々なことが絶対にあります。そうした時に自分を叱咤激励する力、物事の考え方といった社会人としての基礎的な力である「人間力」が、どんな世界で生きていくにも絶対に必要となります。
私自身は新人の会社員時代に、このことを強烈な上司から厳しく指導されました。今では感謝していますが、当時は疲弊し反発も覚えましたし、今の時代には当時のようなやり方は通用しません。
この会社の社長に就任することになったとき、どうやって若手社員にこの「人間力」をつけてもらうかを考えた末、私は、これまでの経験を踏まえて社会人としての必要な力を体系化し、「社会人基礎力講座」としてテキストにまとめました。
現在、新人への研修として毎日短時間の座学講座を行っています。毎日の積み重ねは大きく、中でも2年も経つと、どんどん後輩に指導できるまでに育って来てくれていることをとてもうれしく思っています


これから働いてみようと思っている方へのメッセージをお願いします

特に中小企業では、意欲次第で仕事の幅は大きく広がります。挑戦する気持ちさえあればできることがどんどん増え、見えてくる世界も変わります。
また、会社の雰囲気も、社長の存在や方針によって大きく変わってきます。仕事をする上ではいいことだけではなくいろいろ思い通りにいかないことがありますので、せめて社長と想いや理念を共有できることは大切ではないでしょうか。
今では働く人が会社を選べる時代になりました。是非、思いを共有できる会社を探してみてください。

取材を終えて

「鉄工所の社長」というと、正直言ってもっと年配のいかつい方を勝手に想像してしまったのですが、ウェブサイトで事前に拝見したらさわやかな笑顔にびっくり。当日お会いすると、自らコーヒーを淹れてくださり、とても丁寧にお話くださいました。

「鉄好女子」という目を引く言葉とロゴは、さすが以前広告などのお仕事をされていたからこそのセンスの良さだと納得。ですが、見た目のインパクトだけでなく、新人教育プログラムを自ら開発して実践されたり、スタッフの方たち全員にとって働きやすい環境整備について考えられたり、激アツな一面もお持ちの松田社長。社長の講座を受けたいと思うのは、きっと私だけではないはずです。これから社長と同じ熱い志を持った鉄好女子がいっぱい入ってきたら、また会いに行きたいと思いました。