女性応援企業

株式会社 豆子郎

お客様に美味しいお菓子をお届けするため、製造からお客様の手に渡るところまで、全てを自社のスタッフで行っています。
株式会社 豆子郎
女性応援ポイント
  • 業  種 / 製造・販売業
  • 所在地  / 周南市二番町1丁目4129-8
  • 従業員数 / 91名(全社) ※2021年3月現在
  • ホームページ / https://toushirou.info

株式会社豆子郎本社営業部スーパーバイザーの坂田さんと、周南二番町店の森木さん、岡さんにお話を伺いました。

 

どのようなお仕事をされている会社ですか?

和菓子の製造販売をしています。自社で製造したお菓子を自社の直営店で販売する、というように、全て自社スタッフで行っています。県内には、山口市にある本店を含め13店舗の直営店があり、全体で約100人のスタッフが働いています。美味しいお菓子をお届けするのはもちろんですが、お客様に四季を感じていただけるほっこりできる空間となるように心がけています。

 

どのような方が働いていますか?

職種は大きく分けて、製造部、営業部の2種類です。

製造は男性が多いのですが、人数が一番多い営業部スタッフは、大半が女性です。何十年も勤務している70代半ばの方から、高校・大学を卒業した若手スタッフまで、三世代家族のように幅広いスタッフが集う職場です。

新卒での入社は、就職イベントなどで行う会社説明会への参加や就職サイトきっかけに興味をもってくれる方がほとんどです。また、育児期間を経て、パートとして入社される方は、弊社のHP、ハローワークや就職サイトの利用だけでなく、お友だちからの紹介でご応募くださる方も多いですね。

 

多くの女性スタッフに働いてもらう中で、何か工夫はありますか?

こまめに面談を行い、一人ひとりのライフスタイルや働き方の希望をしっかりと聞くことを大切にしています。

スタッフは年齢層が幅広いので、一人暮らしの方や、子育て中の方、介護が必要なご家族がいらっしゃる方など、さまざまに状況が異なります。そこで、それぞれのライフスタイルに応じて、ワークライフバランスの取れた働き方ができるよう、一緒になって考えるようにしています。

また、安心して楽しく勤務していただけるよう、一人ひとりの得意な部分を活かせる配属や働き方も相談して決めるようにしています。

このような取組みは、役員とのコミュニケーションが取れる職場だからできることで、当社の特色の一つです。困ったことや自分の希望も面談の場で相談することができますし、しっかりと意思疎通を図ることで気持ちよく働いてもらえる環境づくりに努めています。

 

勤務表作成にも特色があるそうですね?

勤務シフトを、店舗ごとではなくエリアごとに組んでいます。

休みの希望がある場合は事前に申請していただけますし、お子さんの発熱などで急にお休みが必要になることもあります。そのような時、エリア内のスタッフ同士で協力しながら勤務の調整ができるので、負担を小さくすることができるのです。

ここ二番町店のスタッフには山口市内の店舗と行き来している者もいます。

どの店舗も話しやすい、相談しやすいスタッフばかりで、スタッフ同士のコミュニケーションも取ることができます。

また、他店との行き来は、スタッフの学びの機会にもなっています。店舗が違えば、店の雰囲気やディスプレイの仕方、ご来店くださるお客様も異なります。そういった違いを共有することで、店舗づくりや接客の質の向上にもつなげてほしいと思っています。

 

他部署とのコミュニケーションの機会もありますか?

年に一度、13店舗のスタッフが一堂に会する機会があります。今年はコロナ禍の影響でリモート開催となりました。

また、スタッフ向けに社長が書いているブログがあり、会社の方針や想いなどを各自のスマートフォンからも見ることができます。

本店やエリア外の他店舗との情報共有も日常的にこまやかに行うように心がけておりますので、会社全体としてみんなが協力しあい、同じ想いをもって仕事をする雰囲気づくりにつながっていると思います。

取材を終えて

季節感がさりげなく表現された落ち着いた装いと、温かく迎えてくださるスタッフの方々がつくり出すお店の雰囲気は、まるで老舗旅館に来たかのようです。こんな風にお花を生けるセンスがあったら素敵だなあと、一時仕事を忘れて穏やかな空間に癒されました。このような店舗づくりのために、豆子郎さんでは、スタッフの方がディスプレイや接客の質を高めあうだけでなく、スタッフ自身が楽しく働くことを大切にされているそうです。スタッフの満足はお客さんの満足にもつながるんですね。個人個人に合った働き方を実現させている素敵な会社だと思いました。
※撮影の瞬間のみマスクを外してご協力いただきました。