仕事探しの始め方

5.これまでの自分を振り返ってみよう

自分のこと

自分が思う「私」

自己分析

  • 「私」は
  • なにが好きか
  • どんなことに興味があるのか
  • なにが得意か
  • 苦手なことはどんなことか
自分を知っておくことは、就職活動をするうえで適職がわかる、面接できちんと伝えられるなど、最大の強みとなります
「紙に書き出す」など、見える化してみましょう

他人から見た「私」

家族や知人にインタビュー

面接では他者からの見え方によって評価を受けます
自分では「私は○○」と思っていても、他者から見た「私」は意外と違うもの
身近な人にどのように見えているかを聞いてみることで、客観的な私を知っておきましょう

メラビアンの法則

話し手が与える影響は第一印象や雰囲気、声のトーンや速さが大半と言われています

科学的診断による「私」

適職診断

適職診断は、あなたの考え方や感じ方、行動の仕方から適性を探り、適職へ導くヒントをくれるものです
 簡単な問いに、直観的に答えていくスタイルが多く、気軽に試すことができます
 若者サポートステーションや各種就職支援イベントなどでも体験できますが、ネット等でも体験することができます
これまでの経験
  • 褒められエピソード
  • 任されエピソード
  • 頼られエピソード
  • 達成感エピソード
  • など
仕事上の経験だけでなく、家事、育児、学校の役員など、幅広く振り返ってみましょう
そうすることで、普段意識しなかったあなたの強みを発見することができます
活かせるスキル・資格
  • 昔とった資格
  • ブランクのある資格
  • あまり知られていない認定資格
  • 使ったことのない資格
  • など
資格に基づくスキルだけでなく、取得の課程や、取得していることに強みがあることもあります。この機会に整理しておきましょう
これから取ってみたい資格についても考えてみましょう